ぽぷらいふ!

うさぎの飼育情報サイト


準備中

準備中
MENU

うさぎのぽぷらの定期健診!

 実は3カ月に1度のペースで“健康診査”に通っている“うさぎのぽぷら”です!

 飼い主共々健康志向だったりして…?笑

f:id:nishi244455666:20170219035015j:plain

 最近はどうやらこのピンク色の低反発座布団がお気に入りでして…我が物顔でどっしりと座ってしまうぽぷさんです。(たまに粗相してしまうこともあるのが悩みの種笑)

 さて今回はタイトルにもある通り昨年12月に定期健診へ行った時の事を書き残します。

 

 

それは突然起こりました…。

 さかのぼる事数か月、ここ北海道の地にも冬がやってきました。ぽぷらにとっても5度目の冬。うさぎにとっては暑い夏より秋~冬の方が過ごしやすいんでしょうが。そんな初冬の12月に“とある変化”がありました。

●水をたくさん飲む

 ある日を境に突然ぽぷさんの1日の飲水量が増えたのです。最初は「あれ?昼に水を交換したばっかりなのに、もう空っぽだ。」という状況が散見されました。しかし当の私は「暖房も使いはじめて乾燥しているし、その影響かな?」と軽く受け止めていました。その後もぽぷさんの多飲水は止まりませんでした。

●おしっこの量も増加

 たくさんの水を飲む訳ですから、必然的におしっこの量も増えます。うさぎを飼っている方なら分かると思いますが、うさぎのおしっこは通常黄色っぽい、もしくは白濁していたり橙色であったりします(一見すると人間でいう血尿のように見える)。

 ですが、その時のぽぷさんのおしっこは“無色透明”のさらさらとした性状でした。日によってムラがありましたが、このような状態が1週間ほど続きました。

 ぽぷさんは平常運航であり、いつもと変わらず走り回っていました。

 ε=ε=ε=ヾ(*゚ェ゚)ノ

かかりつけの動物病院へ

 このようなことがあり定期健診も兼ね、かかりつけ医を受診する事となったぽぷらさん。久しぶりにキャリーケースに入り待合室で順番を待ちます。

f:id:nishi244455666:20170219041906j:plain

 病院という事を少なからず自覚しているのでしょうか?笑 慣れない環境でじーっとしているぽぷさん。うつむきがちです。そして各種検査を終え、完全にふてくされてしまったぽぷさんがこちら。

f:id:nishi244455666:20170219042735j:plain

 「お前…こんなとこ連れてきやがって。」と言わんばかり。多少怒っていましたが、この後はいつもより甘えてきました。よっぽど心細かったのかな。

そして診察結果は…

 からだの状態は全く問題なく検査データも健康そのものだと聞き、まずは一安心。そして気になっていた多飲水とおしっこの性状についての説明を受けたところ…

 

 

 その結果、原因不明との診断が…

 

 

 うさぎに関する医療、獣医学は日々発展しているそうですが現時点において原因は不明だそうです。ただいくつか判明している事があるようです。

 ①5歳頃を境に起こる場合が多い。

 ②ホーランドロップ、ロップイヤー種に多く見受けられる。

 ③予後は良好で、寿命にも影響しない場合が多い。

 ④現段階で病院でできることはない。

と、説明を受けました。

 取りあえずは緊急性のある状態ではなく、ひと安心した私です。ぽぷらも昨年12月から投稿日に至るまで元気に走り回っています。これからも定期的に健診へ行きたいと考えています。

それではこの辺で、ぽぷらいふ!でしたU(・x・)Uノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 記事が参考になりましたら上のバナーをクリックしてください! 

 

うさぎと暮らしてみませんか?