ぽぷらいふ!

うさぎの飼育情報サイト


準備中

準備中
MENU

うさぎの寿命~飼い主にできることって?~

 うさぎって何歳まで生きるのでしょう?

 生きている以上必ず最期の時はくるものです。それはうさぎも例外ではありません。今回はうさぎの寿命をテーマに記事を書いていきたいと思います。

f:id:nishi244455666:20170323202730j:plain

うさぎの寿命について 

 皆さんはうさぎの寿命についてご存知でしょうか?

 書籍などでは"5年~10年"と書かれているものが多いのですが、その幅が広くて困っている方もいらっしゃるかもしれません。実際のところ約8年ほどが寿命の平均値だと言われています。

● 個体差や環境に左右される?

 私たち人間もいろいろな人がいて、色々な生活のスタイルがありますが、うさぎも同じです。うさぎの遺伝的な要因、種類、大きさなど多くの因子が寿命に影響するものとされています。適切な飼い方を心がけることでより長く時間をともにできる可能性が増える、ということですね。

 

 またギネスに登録されているご長寿うさぎさんはなんと"18歳10カ月"であり、人間に換算すると"130歳"だそうです。

 

 個体差についてはどうしようもないのですが、生活環境は飼い主さん次第で変える事が出来ます。うさぎたちが寿命を全うするために、飼い主として私たちにはいったい何ができるのでしょうか?

寿命を全うさせてあげる為に出来る事

 うさぎが寿命以外で亡くなる原因を挙げると、病気と不慮の事故だと考えます。いずれも飼い主さん次第で、未然に防げる可能性があると考えます。

 うさぎさんが安心安全に暮らせる環境づくりを行うということは飼い主さんの責務であり、とても大切なことと言えます。

● 怪我を未然に防ごう

 うさぎをイメージすると"ぴょんぴょん"と跳ねる姿が目に浮かびますが、実は上下運動の衝撃には弱いのです。大きくジャンプした後に、着地で足の骨を折ってしまう事もあるのです。うさぎの生活空間に余計によじ登れる場所はないか?など環境の見直しや工夫も必要になっています。

 

 またうさぎは本能的に色々な物を齧ります。人間のように視界による情報が少ないうさぎは『ひげで触れる』『においを嗅ぐ』『ものをかじる』ことで物を認識します。つまりは『?』と思ったものには顔を近付ける必要があるのです。

 

 「大丈夫!家には危険なものは何にもない!」と思っておられる方はもう一度"うさぎの目線"になって考えてみましょうU(•ㅅ•)U

  例えば"電源コード"について触れてみます。うさぎがコンセントに刺さったままのコードを齧ってしまうとどうなってしまうでしょうか…?決して良い事は起きないと思います。

 今一度ペットの目線でご自宅を見直してみましょう。

● ライフステージごとに環境を見直そう!

 うさぎは5歳を迎えることが一つの節目であると考えます。人間でいうと中年期~壮年期にさしかかるこの時期。からだの機能や身体能力も徐々に落ち始めます。小さい頃は問題なかった段差につまづき怪我をしてしまう、等ということも考えられます。

 

 うさぎのライフステージに見合った環境とは何か?これをそれぞれの飼い主さんが見つめ直すことで、うさぎは快適な生活に近づけるのではないでしょうか?

過ごす時間?飼い主さんができる事

 平均5~10年の寿命ですが、皆さんはこれをどう捉えますか?"意外と長生きする"や"短いんだなぁ"などと様々な思いがあると思います。

 

 『どれくらい生きられるのか?』は確かに大切なことです。しかしもっと大切なのは『どんな時間を過ごしてきたか?』だと私は考えます。言い換えれば『過ごした時間の長さ』ではなく『過ごした時間の濃さ』だという事です。

 

  私は"ぽぷら"と過ごしているこの時間を形に残したいという思いからこのブログを書いています。他の飼い主さんのブログも参考にしつつ、ぽぷらに日々何をして挙げられるかな?と考えながらペットと過ごしています。

 

 限りのある時間の中で飼い主として何ができるでしょうか?

 飼う前の人は飼う前に是非考えてみて下さい。

 また既に飼育している人は悔いが残らないように、うさぎと触れ合うことができる時間を大切に楽しんでいただければ幸いです。

おわりに~今回のまとめ~

 ~記事のまとめ~

  • うさぎの寿命は、およそ8年である!
  • より良い時間を過ごすために、うさぎの生活環境を見直そう!

 それではこの辺で、ぽぷらいふ!でしたU(・x・)Uノシ

ブログランキング・にほんブログ村へ

 記事が参考になりましたら上のバナーをクリックしてください! 

 

うさぎと暮らしてみませんか?